真昼の星とピアノ

有名な曲もそうでない曲も…少しずつ載せていきます

セヴラックのワルツも好きです

今回の曲は「ロマンティックなワルツ/セヴラック作曲」です↓

 

youtu.be

セヴラックはフランスの作曲家で、「セヴラックの音楽はとても素敵な香りがする。心のひだの隅々まで、すべてが息づいている」とドビュッシーが讃えたそうです。

1872年、南フランスの農村地帯ランドックで生まれ、同地方の首都トゥールーズで学んだ後、パリに出て高い評価を得るが、大都会の生活に馴染めず、故郷に戻り創作活動を続けたそうです。

 

ここからは私の感覚ですが、「ロマンティックなワルツ」は、太陽の光が柔らかく降り注いでいるような温かさや明るさが感じられ、私の好きな曲です。南フランスにも行ってみたくなります。