真昼の星とピアノ

有名な曲もそうでない曲も…少しずつ載せていきます

シフォンが風に舞うようなフランス音楽「フォーレのロマンス」

今回の曲は、フランスの作曲家、フォーレの「言葉のない3つのロマンス 第三」です↓

https://youtu.be/-AjJ3JeETEQ

1863年、フォーレが18歳の頃に作曲したと言われている曲集の中の3番目の曲です。

聴くぶんには叙情的なきれいな曲ですが、

 弾いてみると、難しい…😱

フォーレのふんわりとした美しい世界を出すには、うまく引き算しながら弾かないといけなくて、音のコントロールのさじ加減が難しい曲でした。

 

そして、今回の花は「ニゲラ」で、黒種草(クロタネソウ)とも呼ばれる花です。花言葉は「ひそかな喜び」だそうです。

 

フォーレの淡い色彩感と、この花の涼しげな雰囲気がどことなく似ているような気がします。

 

 

 

柔らかい豊潤な響きの曲「ブラームスのワルツ」

今回の曲は、

ブラームス作曲:ワルツ第15番変イ長調です↓

https://youtu.be/DCPRIDgEIM4

 

だれもが、どこかで耳にしたことがある曲ではないでしょうか。

 

ワルツとは3拍子の舞曲のことで、いろんな作曲家が作曲していますが、この曲はブラームスらしい重厚な和音が使われています。(手が小さい私には、少し弾きづらい…😅)

 

そして、今日の花は「都忘れ」です。

花言葉は、

 

『しばしの憩い』『しばしの慰め』『しばしの別れ』『また会う日まで』『短い恋』

 

だそうです。

 

花言葉といい、花の淡い紫色といい、この曲にしっくりくる気がするのは私だけでしょうか?

そよ風のような綺麗な曲「アリエッタ」

今回の曲は、

アリエッタ(グリーグ作曲)です↓

 https://youtu.be/VbW1QgVVU4o

 

「抒情小曲集 第1集Op.12」の第1曲目の曲です。

アリエッタとは、小抒情曲のことで、イタリア語では「そよ風」という意味だそうですが、甘い香りがどこからともなく漂ってくるようで綺麗な曲だなぁと思います。

音が小さすぎました。

そして花は「ビオラ」です。